医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛で考えられる副作用には様々なものがあります。
レーザーで毛乳頭を焼くので出力が高すぎると火傷になったり炎症を起こしたりします。またレーザー照射によって一時的に肌のバリア機能が低下するため、毛膿炎といわれるニキビのような症状が出ることもあります。
また、肌に赤みが残ってしまったり、日焼け対策をしないでいるとシミになり易かったりというケースも考えられます。

医療脱毛専門のクリニックであれば専門の医師が施術してくれますし、何らかの肌トラブルが起こった場合でも、適切な処置であったりアドバイスをしてもらえるので安心です。

病院だからと言って副作用が出ないとは限らないので、万一の事を考えても専門の医師がいるクリニックで施術を受けることをおすすめします。
京都で全身の永久脱毛をしたいかたはこちら

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛で良くあるトラブルとして、以前では打ち漏れや火傷などがありましたが現在では少なくなっているので安心して施術が受けられます。
もちろん打ち漏れを完全に防ぐことはできませんが、再照射が保証されているため心配はありません。
またテスト照射なども行うため、レーザー治療による副作用や肌トラブルなどが起こりにくいように工夫されています。
医療レーザー脱毛はクリニックで行われることもあり、アフターケアも万全です。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

医療レーザー脱毛をすると副作用で汗の量が増えるといった口コミがありますが、これは勘違いです。
ワキガを治すためにワキの脱毛をされる方が多くいますが、ワキの毛が無くなった事によって汗を受け止める毛も無くなったためにワキ汗が流れてしまい勘違いしているのです。
この現象はワキだけではなく他の部位にも言えまして、汗の量が増えている訳ではなく汗が流れやすくなったのです。
ですから医療レーザー脱毛による副作用ではありませんから安心して施術を受けてください。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛を受けたあとは、軽い火傷のような状態になっていますから、刺激を与えることは避けるようにしましょう。
日焼けする、お風呂・サウナに入るなどの行為には注意してください。
汗を落とすためには、ぬるめのシャワーを使用するのがいいです。
脱毛後は肌が刺激を感じやすい状態になっているので、リラックスさせるために冷やすようにしてください。
冷やすことで肌荒れという副作用を抑えることができますし、痛み・炎症なども予防できるでしょう。
医療レーザー脱毛終了後の肌は敏感になっているので、十分に保湿をして休ませてあげることが大切です。
心身が緊張している状態も肌によくないので、脱毛当日は早寝早起きを意識してください。
レーザー脱毛 福島 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です